お知らせ

【遠野市共同募金委員会】青笹小学校様から災害義援金が寄付されました

2020年07月30日

 遠野市立青笹小学校では、6年生が主体となって、7月13日から17日にかけて、全校での募金活動が展開されました。この活動は、豪雨災害の被災状況をニュースでみた児童の「手助けをしたい、自分には何ができるだろうか」という思いによる自発的な声掛けにより始まりました。朝は在校生に向けて募金を呼び掛け、放課後は「bigHouse遠野店」様のご協力を得ながら、6年生の20名全員が当番制で街頭募金を呼び掛けました。

 発起人となった松田結衣さんは、「初めは緊張でなかなか声が出なかった。呼びかけている内に、『がんばって』と声掛けをしてもらえたことや小さい子から大人の人まで、みんなに協力してもらえたことが励みになった。今回は1ヵ所でしか街頭募金活動をしなかったけれど、次に募金活動をすることがあったら、場所を増やす工夫をしたい。」と話していました。最後に、青笹小学校の募金活動をきっかけに、他の学校も活動をすることになったとしたら、どんなことを心がけたら良いと思うかと尋ねたところ、「人の心に響くような声掛けを心がけると良いと思う」とはにかみながら答えてくれました。

 集まった災害義援金76,038円は、7月22日に遠野市共同募金委員会へ手渡されました。この義援金は、中央共同募金会を通じて、被災者の方々へ配分されます。ご協力いただき、誠にありがとうございます。

 

ページの先頭へ