社会福祉法人 遠野市社会福祉協議会

文字の大きさ

居宅介護支援事業所

どんな仕事をするの

 専門的な知識を積んだ介護支援専門員(ケアマネージャー)が、介護サービスをご利用される方の心身の状態や環境、ご意向、さらに、ご家族の要望をお聞きしながら、一緒に介護支援サービス計画(ケアプラン)を作成いたします。

 要介護認定(介護保険のサービス等を受けるための認定)の申請や、変更手続きの代行申請を行います。さらに、福祉用具貸与サービス、福祉用具の購入、住宅改修についての情報提供、相談、申請代行もいたします。

 作成されたサービス計画がスムーズに実施できるよう関係機関、サービス提供機関との連絡、調整を行います。
 ケアプラン作成の費用は、自己負担がありませんのでお気軽にご相談ください。

居宅介護支援事業所

営業日

 毎日(12月31日~1月3日は休みとなります)

営業時間

 8時15分~17時15分(但し、緊急の場合は電話による連絡が可能です)

サービスの利用方法

  1. まずはご連絡ください。介護支援専門員がお伺いします。
  2. 居宅介護支援に関する説明をさせて頂き、ケアプランの作成等のサービスを当事業所にご依頼いただける場合は、契約を締結いたします。
  3. 契約締結後に、担当の介護支援専門員が訪問し、利用される方の状態把握を行い、課題の分析を行います。その際に、希望されるサービス等についても伺います。
  4. 介護支援専門員は、課題の分析の結果、解決すべき課題が把握できた場合に、サービスを提供する事業所の方々と担当者会議を開催し、利用される方に提供するサービス内容等を検討し、確認します。
  5. 担当者会議での検討等を踏まえ、利用される方とその家族の希望を尊重し、ケアプランを作成し、提示します。
  6. 利用される方とその家族は、ケアプランに基づき、サービス提供事業者とサービス利用契約を結び、サービスの開始となります。

ページの先頭へ