社会福祉法人 遠野市社会福祉協議会

文字の大きさ

訪問看護ステーション

訪問看護事業所の紹介

どんな仕事をするの

 病気やケガなどによって、家庭において寝たきりまたは寝たきりに近い状態にあり、かかりつけの医師が訪問看護・訪問リハビリの必要を認めた方の申し出により看護師・理学療法士(PT)・作業療法士(OT)が訪問し、介護に重点をおいた看護及びリハビリテーションサービスを行います。

看護の内容は

 かかりつけの医師の指示により、次のサービスを行います。
症状の観察、清拭、洗髪、食事及び排泄の介助、褥瘡の予防・処置、本位交換、カテーテル等の管理、リハビリテーション、家族への療養上の指導等。

訪問看護ステーション

申込方法

 電話等で事業所に申し込みをします。事業所では、係員が訪問しサービス内容・料金等について説明をいたします。その上でサービス契約を結び、サービスが開始されます。ただし、訪問看護サービスの利用には、かかりつけの医師の指示書が必要です。

サービスの内容

  1. バイタルサイン(体温・血圧・脈拍・呼吸)等の観察。
  2. 診察の補助
    【褥瘡の予防・処置、膀胱留置カテーテル、経管栄養等の管理・胃チューブ交換、その他、医師の指示による処置・検査】
  3. 療養上のお世話
    【コミュニケーション、清拭、洗髪等】
  4. 介護者に対する援助
    【介護に関する指導・助言、介護者の健康管理】
  5. リハビリテーション
    【理学療法士・作業療法士による関節などの運動、日常生活動作の訓練、家屋改修のアドバイス、手すり・段差の解消等】

ページの先頭へ